ページの先頭です
メニューの終端です。

冬期のジャンボタニシ対策

[2021年1月12日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

冬期のジャンボタニシ対策

 近年、町内の水田においてジャンボタニシ(和名 スクミリンゴガイ)による水稲への食害が発生しています。ジャンボタニシは繁殖力が非常に強いため、大量に発生すると駆除が困難になります。冬の間のジャンボタニシは土の中で越冬しています。全部を退治することはできませんが、越冬する貝を減らすことで、来年の被害を抑えることが期待できます。

 

【冬期の対策】

1 冬期の水田の耕うん(発生している場所に必ず実施)

 ・土壌が乾燥して固い厳寒期(1~2月)に実施。

 ・トラクターの走行速度を遅くし、ロータリーの回転を速くし、土壌を細かく砕くように耕うん。

 ・浅い土中の貝の破砕や寒気にさらすことによる死滅を期待。

 ・トラクターを移動する前には、しっかり泥を落として、別の田へ貝を持ち込まない。

 

2 冬期の水路の泥上げ

 ・用排水路内の水たまりや泥の中で越冬する貝の越冬場所をなくし、越冬個体を寒風にさらす。

 ・泥上げは越冬場所を無くすこと、雑草が取り除かれることは翌年の餌を無くすことにつながる。

 ・局所的な取り組みでは効果は少ない。地域全体で実施すること効果が高まる。

 

ジャンボタニシの防除対策について、詳しくは下のチラシをご覧ください。

 

ジャンボタニシによる水稲の被害を防ぐために

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

関連リンク情報

お問い合わせ

福崎町役場農林振興課

電話: 0790-22-0560

ファックス: 0790-22-2919

電話番号のかけ間違いにご注意ください!