ページの先頭です
メニューの終端です。

風しんの追加的対策について

[2020年4月7日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

風しんの追加的対策について

風しんの追加的対策とは

   昨年から、風しんが流行しています。風しんは、成人がかかると症状が重くなることがあります。また、妊娠初期の妊婦さんが感染すると、生まれてくる赤ちゃんが、先天性心疾患・白内障・難聴を特徴とする先天性風しん症候群をもって生まれてくる可能性が高くなります。                                      

 この度、予防接種法が改正され、令和4年(2022年)3月31日までの間に限り、風しんの公的接種を受ける機会がなかった昭和37年(1962年)4月2日から昭和54年(1979年)4月1日生まれの男性に、風しんの抗体検査と 、抗体価が低い方には予防接種を受けていただくことになりました。 

 対象者の方には、原則無料で、抗体検査と予防接種を受けていただけるクーポン券をお送りしています。(令和2年度の対象者には3月中旬に郵送しています)

 ☆対象者のみなさん、あなた自身と、これから生まれてくる子どもたちを守るために、ぜひクーポン券を使って、風しん抗体検査と予防接種を受けましょう!

追加的対策の対象者

昭和37年(1962年)4月2日から昭和54年(1979年)4月1日生まれの男性

追加的対策の内容

・風しんの抗体検査(無料実施)

・予防接種(麻しん風しん混合ワクチン)(無料実施)

風しんの抗体検査・予防接種の流れ

1.クーポン券等が届きます

 令和2年度は、昭和41年(1966年)4月2日から昭和47年(1972年)4月1日生まれの男性に、クーポン券を3月中旬に郵送しています。

 ※昭和37年(1962年)4月2日から昭和41年(1966年)4月1日生まれの男性で、ご希望の方は、クーポン券を発行します。保健センターへお問い合わせください。

 

2.抗体検査を受けてください

 抗体検査は、職場健診や、町が実施する町ぐるみ健診、また、抗体検査事業に参加している全国の医療機関で受けられます。(詳しくは、勤務先や、保健センターにお問い合わせください)

 (検査時の持ち物) クーポン券・同封の抗体検査受診票・本人確認書類(運転免許証など) 

 

3.抗体検査の結果が届きます

 「抗体あり」⇒風しんへの抵抗力がありますので、定期予防接種の対象となりません。

 「抗体なし」⇒風しんへの抵抗力がありませんので、定期予防接種の対象となります。

 

4.「抗体なし」の場合、予防接種を受けてください   ※予診票は、医療機関にあります

 予防接種は、全国の契約医療機関で受けることができます。厚生労働省のホームページにて、契約医療機関をご確認ください。

 (予防接種時の持ち物) クーポン券・抗体検査結果通知・本人確認書類(運転免許証など)

 

 ※予防接種は、当日の体調や基礎疾患等で受けられない可能性もあります。また、接種後、副反応が発生するおそれもありますので、必ず医師と相談してください。

 ※本事業での接種ワクチンは、原則MR(麻しん風しん混合)ワクチンで、麻しん(はしか)の予防にもつながります。

 

5.注意事項

 ・抗体検査や予防接種を受ける時点で、住民登録のある住所地と、クーポン券に記載されている住所地が異なっていれば、同封のクーポン券は使用できません。住民登録のある自治体で、クーポン券の再発行の手続きをしてください。

 ・抗体検査及び予防接種を受ける場合は、必ず事前に医療機関等へ予約を入れてください。

 

 ☆詳細は、厚生労働省のホームページでご確認ください。(別ウインドウで開く)

お問い合わせ

福崎町保健センター
電話: 0790-22-0560 ファックス: 0790-22-7566